Adobe Premiere proで書き出した動画ファイルの彩度が低下する問題の対処方法

Premiere proで書き出した動画をチェックして見ると、編集プレビュー画面で見ていた色となんか違う、彩度が低下していると感じた方がいるかと思います。
この現象はmacOSで起こる固有の問題のようで、AdobePremiere Proのコミュニティでも取り上げられています。

コミュニティのページ:“Why does my footage look darker in Premiere?” Color Q&A




右側Premiere Proのプレビュー画面での映像で、左側MacQuickTimeで再生した時の映像です。
実際に較べてみると彩度の低下が見て取れます。

解決方法として、動画の書き出し時にQT Gamma CompensationというLUTを充てることでこの問題は解決することができます。

最初にメニューから[Premiere Pro]-[環境設定]-[一般]で環境設定の一般のパネルを開きます。
ここで「ディスプレイのカラーマネジメント」にチェックマークが入っていることを確認します。
チェックされていない場合はチェックしてください。

コミュニティページにあるリンクの「Download the Gamma Compensation LUT here!」から
LUTファイル(QT Gamma Compensation)をダウンロードします。

下記がリンク先になります。
https://assets.adobe.com/public/a0b635a3-6bc3-452b-5f7d-c997b9b36cf5

ダウンロードしたファイルの拡張子はQT Gamma Compensation.cube.txtとなっているので
ファイルを右クリックして、[情報を見る]-[名前と拡張子]から.txtの部分を削除します。

変更前:QT Gamma Compensation.cube.txt
変更後:QT Gamma Compensation.cube

動画の書き出し時にこのQT Gamma Compensation.cubeファイルを適用します。

適用後に、適用:なしと表示されますが、適用されています。
これで[書き出し]ボタンをクリックします。

プレビュー画面右側、QT Gamma Compensationを適用してQuickTimeで再生した映像が左側です。
彩度の低下がなくなり、見た目が同じなりました。