Adobe LightroomとPremiere proを使った4Kタイムラプスの作り方

今回はAdobe LightroomとPremiere proを使った4Kタイムラプスの作り方をまとめてみました。




[環境]
macOS Mojave
Adobe Lightroom Classic
Adobe Premiere pro CC 2019

まずLightroom Classicからタイムラプスで使う素材となるRawもしくはjpegファイルを読み込みます。

どれかファイルを1つ選んで画像形式(比率)を16:9に変更して、必要があればその他の部分も調整(露光、コントラスト、ホワイトバランス、、)します。

このファイルをベースにして残りのファイルを調整していきます

上記で編集したファイルをクリックして選択し、メニューから「編集」-「すべてを選択」をクリックしてから画面右下の「設定を同期」をクリックします。

「同期」をクリックします。

次にメニューから「編集」-「すべてを選択」にして同じくメニューから「ファイル」-「書き出し」を選択し画像を書き出します。
画像のサイズは3840pixelに指定します。
カスタムテキストでファイル名を「TL20200209Sunset」としました。

ちなみにLightroomでは下記のようにファイルが書き出されます

TL20200209Sunset.jpg
TL20200209Sunset-2.jpg
TL20200209Sunset-3.jpg
TL20200209Sunset-4.jpg

ファイルを書き出したフォルダに移動して先頭のファイル
「TL20200209Sunset.jpg」を「TL20200209Sunset-1.jpg」に変更しましょう。

TL20200209Sunset.jpg → TL20200209Sunset-1.jpg




続いてPremiere proを立ち上げて新規にプロジェクトを作成し、シーケンスを作成します。
メニューから[ファイル]-[新規]-[シーケンス]をクリック。

プリセット:[RED R3D]-[HD 4K]-[4K HD 16×9 29.97]

シーケンスが設定されました。

次に先ほどLightroomで書き出したjpegファイルを読み込みます。
メニューから[読み込みを]を選択。

フォルダ内の先頭の”TL20200209Sunset-1.jpg”を選択し、左下の[オプション]をクリックして[画像シーケンス]にチェックがあることを確認して
最後に[読み込み]をクリックします。

画像シーケンスとして読み込まれました。

作成した画像シーケンスをタイムラインにドラッグ&ドロップします

シーケンス画像が配置されました。
再生して動きを確認してみましょう。

最後にファイルmp4形式で書き出します。
メニューから「ファイル」「書き出し」「メディア」を選択

形式:H.264
プリセット:高品質2160p 4k

[追記]
ちなみに今回はシーケンスを作ってから画像シーケンスを作成、ドラッグ&ドロップしましたが、シーケンスを作成しないで、画像シーケンスをそのまま直接ドラッグ&ドロップしてもPremiere proは画像シーケンスのサイズに合わせて自動的にシーケンスを作成してくれます。