DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作12] エフェクトライブラリを使ったトランジションの設定

今回は「エフェクトライブラリ」を使ったトランジションの設定を行ってみたいと思います。
「エフェクトライブラリ」は文字通りクリップのエフェクトを集めたライブラリ集で、ここにトランジション関連のエフェクトやテキスト(テロップ)に関するエフェクトがまとめられています。

最初にエディットページにてトリミング済みのクリップを用意して
クリップ間をクリックして緑色の状態にします。

次にエディットページ左上のエフェクトライブラリをクリックして
ライブラリを表示します。

ビデオトランジションの項目から
今回は「ブラーディゾルブ」を使っていみたいと思います。
「ブラーディゾルブ」をクリックして選択し、次に右クリックで操作パネルを開きます。
「選択した編集点とクリップに追加」を選択します。

トランジションが追加されました。

クリップを再生してエフェクトを確認する。

ライブラリで気に入ったトランジションを「標準トランジションに設定」にしておくことで、前回紹介した”[基本操作11] オーバーラップを使ったトランジションの設定”と組み合わせて、編集作業をスムーズに行うことができます。

次の投稿:DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作13] テロップの設定方法