DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作9] クリップの映像(ビデオ)と音声(オーディオ)を個別操作する

映像を編集しているとクリップの映像部分(ビデオ)と音声部分(オーディオ)を個別に扱いたい時(一方を削除したり、移動したり)があります。
DaVinci Resolveでは「クリップのリンク」を解除することでそれが可能です。

クリップを配置した時、映像と音声はリンクされています

「エディット」ページにて、クリップを選択して右クリックします
「クリップをリンク」にチェックマークが入っています
この部分を選択してチェックマークは外します。

リンクマークが消えました

これで映像と音声を別々に扱えることができます。
映像部分を少し移動してみます。

移動して出来たギャップにJPG画像を配置してみました。

ちなみにツールバーの「リンク選択」を使っても同様の操作が出来ます。
クリップを配置した状態ではツールバーの「リンク選択」がオンになっているので
これをクリックしてオフ状態(グレー表示)にします

オフ状態(グレー表示)になりました

クリップの映像側を移動してみます

次の投稿:DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作10] クロスディゾルブを使ったトランジションの設定