DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作6] クリップのトリミング「トリム編集モード」を利用したトリミング

今回は「トリム編集モード」を利用したトリミングを行いたいと思います。
前回紹介した「選択モード」と違ってトリミング後にギャップ(空白)ができないので
トリミングの作業がスムーズに行えます。

「エディット」ページから「トリム編集モード」を選択します。

トリミングするクリップに「トリム編集モード」カーソルを持っていきます(ここでは2番目クリップの先頭)

右側にドラッグしてトリミングする位置でドラッグオフ。

先頭のクリップとのギャップ(空白)を作ることなくトリミングされました

次の投稿:DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作7] クリップのトリミング「ダイナミックトリムモード」を利用したトリミング