DaVinci Resolve パワーウィンドウとトラッカーを使った部分補正

前回は動きのない被写体に対して、パワーウィンドウのツールを使った補正を紹介しました。
今回は動く被写体に対して、パワーウィンドウトラッカーを使って補正を行ってみます。




※今回の記事で使用したクリップ(ファイル)はこちらからフリーダウンロードできます

浜辺の女性が徐々に画面手前に近づいてくるクリップです。
逆光で少し暗くなっている顔の部分に補正(少し明るくする)をかけてトラッカーで追随します。

最初にクリップ全体のホワイトバランスコントラストを調整しておきましょう。

補正用のノードを追加します。
ラベル名を部分補正としておきましょう。

カラーページにてセンターパレットパワーウィンドウを選択します。
今回は顔の部分を補正するので円形シェイプを選択します。

顔の部分に合わせて円形シェイプの範囲を調整します。

カラーホイールにてオフセットゲインを少し上げて顔の部分を明るくします。

続いてセンターパレットトラッカーを開きます。
デフォルトパンティルトズーム回転遠近3Dにチェックマークが入っています。
動きに対するチャックマークなので基本このままの状態にしておきます。
またクリップボタンオンになっていますが、今回は自動的にトラッキングを行うのでこれもこのままです。

順方向にトラッキング」ボタンをクリックします。

トラッカーは自動的に顔の部分をトラッキングしていきます。


これでトラッキングを伴った部分補正が出来ました。

[補正前]

[補正後]

Broll by Videezy


DaVinci Resolveの書籍