DaVinci Resolve クリップのアスペクト比を変更する


DaVinci Resolveではクリップアスペクト比の操作は「出力ブランキング」
もしくは「インスペクタのクロップ」を使っておこないます。




「出力ブランキング」で行う場合はあらかじめ決まったアスペクト比(横:縦 1.33:1 1.66:1 1.77:1、、、)のみとなります。

「インスペクタのクロップ」で行う場合は任意のアスペクト比の調整が可能です。


「出力ブランキング」を使ったアスペクト比の変更方法

「エディット」ページにてメニューから[タイムライン]-[出力ブランキング]を選択します。
アスペクト比数値が表示されます。
今回はシネマスコープアスペクト比である2.35(2.35:1)を選択してみます。

クリップ2.35クロップされました。

元のサイズにもどす場合はresetを選択します。


「インスペクタのクロップ」を使ったアスペクト比の変更方法

タイムライン上のクリップを選択した状態で「インスペクタのクロップ」を開きます。

上クロップ下クロップ200に設定した場合

ソフトネスは周辺光量の部分にシャドウ(影)を付けるパラメータです。

「イメージの位置を維持」「インスペクタの変形」と組み合わせて使うことで
クロップしたクリップブランクの位置を固定したまま、クリップの位置を移動することができます。

イメージの位置を維持オンにして変形Y軸を移動した場合

イメージの位置を維持オフにして変形Y軸を移動した場合


「出力ブランキング」
は簡単にアスペクト比を変更できるのでお手軽です。
より細かい調整をしたい場合は「インスペクタのクロップ」を使う方法がおすすめです。
DaVinci Resolveの書籍