DaVinci Resolve 16 使い方 [基本操作16] ソースビューアを使って映像(ビデオ)と音声(オーディオ)を個別にトリミングする

今回はソースビューアを使って動画の映像(ビデオ)と音声(オーディオ)を別々にする方法を確認してみます。

やり方は簡単で前回のソースビューアを使ったクリップのトリミングとほぼ一緒です。

最初に素材となる動画をソースビューアに表示します。

次に使いたい映像(ビデオ)部分をトリミングします。
「再生ヘッド」をトリミングしたい箇所まで移動して「イン点」を追加

続いて「再生ヘッド」を移動して「アウト点」を追加
ここまで前回のトリミング方法と同じ手順です。

そして映像(ビデオ)だけを抜き取りたいのでソースビューアの下にある
「ビデオアイコン」にカーソルを充ててそのままタイムラインにドラッグ&ドロップします。

これで映像(ビデオ)部分だけをトリミングして配置できました。

同じように今度は音声(オーディオ)だけを抽出してみます。
ソースビューアの下にある「オーディオアイコン」にカーソルを充ててそのままタイムラインにドラッグ&ドロップします。

音声(オーディオ)部分だけをトリミングして配置できました。