Anaconda Pythonのインストールと仮想環境の作成 for Mac

・Anaconda Pythonのインストール




最初にanaconda.comのサイトにアクセスして
Anaconda Individual Editionをダウンロードします。

 

ダウンロードしたインストーラーをクリックして起動します。

インストーラーが起動します。
「続ける」をクリック。

「続ける」をクリック



「自分専用にインストール」をクリック

「続ける」をクリック

「インストール」をクリック

インストールが始まります

PyCharm IDEへのリンクが表示されます。
そのまま「続ける」をクリック

インストールが完了です。
「閉じる」をクリック。



・仮想環境の構築

上記の手順でインストールを行った場合Anaconda Pythonはユーザーのホームディレクトリ直下の/opt/anaconda3/フォルダ以下にインストールされます。
ターミナルを起動して確認して見ましょう。

$ env |grep CONDA

それではAnaconda Pythonを実行してみましょう。
ターミナルからpythonと入力します

$ python

Pythn(バージョン3.9.7)が起動しました。
確認ができたので、exit()と入力してpythonを終了します。

上記のデフォルトの状態ではbaseとい環境下でpythonを実行しています。
通常Anaconda Pythonでプログラミングを行う場合は
新たに仮想環境を作ってそれを使うのが一般的です。
仮想環境conda createコマンドで作成します。

$ conda create -n 仮想環境名 python=pythonのバージョン

ここでは仮想環境名をmpy38pythonのバージョンは3.9の一つ前の3.8としました。

途中、The following NEW packages will be INSTALLED:と聞いてくるので
yとします。

これでpython3.8仮想環境mpy38が出来ました。
早速mpy38仮想環境を起動してみます。
起動は以下のコマンドです。

$ conda activate 仮想環境名

ターミナルの左がの表示が(base)から(mpy38)に変わりました。
環境変数を再度確認してみます。

$ env |grep CONDA

Pythonを起動します
ターミナルからpythonと入力します。

作成した仮想環境mpy38pythonには必要最低限のモジュールのみがインストールされています。
有名なnumpymatplotlibなどはインストールされていません。
これらの拡張モジュールはご自身のプログラミング環境に合わせて追加していく必要があります。
次回はそれらのモジュールをインストールしていく作業を説明します。

・仮想環境の削除

作成した仮想環境が不要になった場合そのままにしておいても問題ありませんが、仮想環境をあまり多く作成すると管理が大変になるので以下のコマンドで削除しましょう。

$ conda remove -n 仮想環境名 --all