DaVinci Resolve YouTubeでよく使われる縁の付いたテロップの作り方

YouTubeでは縁の付いたテロップがよく使われますが。
DaVinci Resolveでは簡単にこのようなテロップを作成することができます。
今回は白色の文字に赤色の縁のテロップを作成していきます。




最初にプロジェクトを立ち上げて、タイムラインに何かクリップ配置しておきましょう。

テロップの作成は画面左上の「エフェクトライブラリ」から行います。

この中の「テキスト」を使用します。

テキスト」を選択して、タイムラインにドラッグ&ドロップします。

テキストの文字を入力します。
画面右上の「インスペクタ」を開きます。

インスペクタ」に入力されている”Title“を削除デリートして
ここに表示したい文字を入力します。

今回はテキストを”江ノ島と海“に
フォントのスタイルを”Hiragino Maru Gothic Pro“にして
フォントサイズを”269“に変更しました。
白文字ベースにするのでカラーはそのままです。

次に「インスペクタ」のスクロールバーを下に移動して
ストローク」の項目を表示します。

縁は赤色にしたいので
ストローク」の「カラー」をクリックして
カラーパネルを開き、Red(赤色)を選択します。

続いて縁の幅の「サイズ」を16に変更します。

これで白文字に赤色の縁の付いたテロップができました。

[command]+Fキー(Windowsは[ctrl]+F)のショートカットキーで全画面表示にして
プレビュー再生してみましょう。

テロップのフェードイン、フェードアウトの実装
テロップのをフェードインで出力し、フェードアウトさせたい場合
タイムラインテキストクリップを選択して、クリップの左右上部にある白色の部分
内側にドラッグすることでその機能が実装することができます。


DaVinci Resolveの書籍